左利きのショートは不利?プロやメジャーでは誰?

野球において、左投げのピッチャーは「サウスポー」などと呼ばれ、要注意な選手とされています。

圧倒的に右投げの選手が多い中で、左投のピッチャーの投球は打ちにくいというわけですね。

逆に言うと、左利きのピッチャーはそれだけで有利ということになります。

しかし、他のポジションもそうかというと、そうとは言い切れないようです。

今回は、ショートが左投げだと有利なのか、不利なのか、不利だとしてそれはなぜなのかということを深掘りしてみたいと思います。

左利きのショートが不利な理由は?

左利きのショートが不利な理由は主に2つあります。

理由1:捕球してから一塁や二塁に投げづらい

一つ目の理由として、打球を捕球して一塁や二塁に送球するとき、プレーにロスが生じてしまうというものです。

ショートにとって一塁や二塁への送球は一番の仕事ともいえます。

ところが、ショートから左投げで、一塁や二塁に送球しようとすると、自然な動きでできないのです。

右投げであれば、捕球したボールをそのままの姿勢で重心を移動させるだけで、一塁に送球することができます。

ところが、左投げの場合は、体を外野側に向かって45度以上開かなければ投げられないのです。

草野球であれば、これくらいのロスは問題にならないことの方が多いですが、プロ野球ともなると、バッターも俊足ぞろいです。

このわずかなロスのせいで、右投げの選手であればアウトにできていたものが、左投げであるせいでセーフになってしまうとなれば、これは致命的な差となります。

実は、日本のプロ野球でも指折りの名ショートと呼ばれる巨人の坂本勇人選手や阪神の鳥谷敬選手はもともと左利きでした。

ところが、ショートで左投げは致命的な差につながるということから、野球のプレーのときは右投げで行うというように矯正するトレーニングを行いました。

理由2:ダブルプレー時に一塁に投げづらい

二つ目の理由は「ダブルプレー時に一塁に投げづらい」というものです。

一つ目の理由ともかぶりますが、やはり自然な動きでの送球は難しくなります。

ただし、全く左投げのショートにメリットが無いかというとそうでもありません。

センターに抜ける打球をキャッチしやすいということがあるようです。

ただし、総じて言うと、左投げのショートは右投げに比べて不利ということになりそうです。

左利きのショート、プロやメジャーにはいる?

ここまでどうして野球で左利きのショートが不利なのかを解説してきましたが、プロの選手は実際に存在するのでしょうか?見ていきたいと思います。

日本のプロ野球で左利きショートはいる?いた?

では、一般的に不利といわれる左利きのショートは、プロの世界に実在するのでしょうか。

調べてみましたが、やはり左投げのショートはいないようです。

メジャーで左利きショートはいる?いた?

同じく、メジャーにおいても、左投げのショートが存在したかどうかを調べてみましたが、やはり、存在しないようです。

では、左投げの子が、ショートを目指すというのは無謀で意味のないことなのでしょうか。

日本体育大学で投手担当のコーチを務める辻孟彦コーチは次のような興味深いことを話しています。

https://baseballking.jp/yakyuiku/200090

現在、自分の母校である日本体育大学でピッチャーを育てている辻孟彦コーチ。

あるとき、ピッチャーのメンバーを集めて、「自分の好きなポジションに入っていいぞ」と言って、ノックの練習を始めたそうです。

そうすると、左利きのピッチャーはみんなファーストか外野にしか行かなかったといいます。

そのとき、辻孟彦コーチは「左投げの選手は小さい頃からピッチャーかファースト、外野しかやってこなかったのだろう。固定観念で左利きの子はポジションが決められているのだな」と感じたそうです。

そして、次のように語っています。

「子どものうちは右投げでも左投げでも色んなポジションをやってみる。左投のキャッチャーやショートがいてもいいと思うんです。」

左投げのピッチャーにフィールディングが不得意な子が多いのも、固定観念にとらわれてしまっていることが影響しているのではと辻孟彦コーチは分析しています。

また、そのように子どもの可能性を否定しないことが、少年野球を変え、野球全体の雰囲気を変えるのではないかとも語っています。

「左利きの子は、まもれるポジションが限られている」と思っている左利きの子にとっては、とても勇気の出る言葉ですよね。

左利きでることが不利にはたらくことが多いのは確かなことのようですが、そのために初めから挑戦することもやめてしまうというのは、少しもったいない気もします。

実際には、ショートも含めて左利きには不利なポジションが多いため、左投げの子がリトルリーグのころから右投げに矯正されることは多いようです。

プロであれば矯正トレーニングも仕方がないことかとも思いますが、子どものころから無理矢理利き手を矯正されるというのも少しかわいそうな話です。

左投げには左投げのメリットや強みもありますので、若い世代を指導する立場の方は慎重に判断していく必要がありそうです。

まとめ

今回は、野球のショートは左利きにとって不利なのかということを深掘りして考えてきました。

送球が不自然な体勢になってしまうということから、左投げの選手にとってショートは不利なポジションといえそうです。

ただし、また小さい間は有利不利だけで考えず、自分の可能性を広げる方向で野球と向き合うのがよさそうです。

おすすめの記事