左利きのキャッチャーがいない理由は?メジャーや漫画でも存在しない?

左利きの人はスポーツで有利だと言われます。

野球の投手はサウスポーと言われ、右利きの選手とは区別して、要チェック選手として扱われたりしますね。

ところが、キャッチャーで左利きの選手はあまり見かけません。

これはいったいなぜなのでしょうか。

今回は、野球のポジションの中でもキャッチャーに的を絞って、なぜキャッチャーには左利きの選手が少ないのかということを見ていきたいと思います。

左利きのキャッチャーがいない理由は?

左利きのキャッチャーがいない理由は?メジャーや漫画でも存在しない?

主に、送球のしにくさと、ホームベース上でのプレーのしにくさから左利きのキャッチャーは不利だとされています。

アマチュアのレベルではそこまでシビアな差にはならないかもしれませんが、プロレベルで考えると、キャッチャーが左利きであることは大きな差につながると言われています。

理由1:一塁ランナーが見えづらい

左利きのキャッチャーがいない一つ目の理由は、「一塁ランナーが見えづらい」ということです。

右打者が多い中、キャッチャーで左利きだと一塁が見にくいということになります。

左打者も多くなってきているので、決定的に不利であるとはいえませんが、やりにくさは否めません。

理由2:サード送球時に投げづらい

二つ目の理由は「サード送球時に投げづらい」という点です。

ホームベースからサードに送球する場合、左利きだと一度、体を反転させる必要が出てくるため、その分時間的にロスが発生します。

ほんの一瞬のことではありますが、プロの鎬を削るプレーにおいては、時として大きな違いにつながることがあります。

理由3:ピッチャー側からも投げづらいことも

右利きのピッチャーが圧倒的に多い中で、キャッチャーが左利きだと、ピッチャーが違和感を感じてしまうこともあるようです。

特に、微妙な調整をしているピッチャーであれば、「これまで右利きのキャッチャーに合わせて投げてきたのに…」とこれまでの調整が無駄になってしまうと感じる選手もいるのではないかと思います。

理由4:ホームベース上でのクロスプレーの時に利き手を痛めやすい

ランナーは左方向からホームベースに突進してきます。

そうなると、クロスプレーになったとき、利き手である左手を怪我してしまう可能性が高くなります。

右利きの選手が左手を怪我してもかまわないということではありませんが、左利きの選手にとっては致命傷となる可能性もあります。

また、ホームベース上でのランナーとのクロスプレーの際、タッチするのはミットをはめた右手になるため追いタッチとなってしまいます。

一点の攻防を争うような場面ではこのことがチームにとっての致命傷となってしまうこともあります。

左利きのキャッチャー、本当にいなかった?

左利きのキャッチャーがいない理由は?メジャーや漫画でも存在しない?

では、本当に左利きのキャッチャーはいないのでしょうか。

現在の日本のプロ野球で左利きのキャッチャーは存在しません。

また、過去のプロ野球を調べてみても、左利きのキャッチャーが存在したことはありません。

理屈で考えるよりもはるかに左利きでキャッチャーをつとめるというのはたいへんなことなのかもしれません。

高校野球にまで目を広げてみると、2000年に那覇高校に左利きのキャッチャーが存在しました。

「左利きのキャッチャー」ということで、当時、それだけで大きな話題になりました。

やはり、それだけ珍しい存在であるといえますね。

また、左利き用のキャッチャーミットも存在します。

スポーツ量販店に行ってみると、種類や数は少ないものの、左利き用のキャッチャーミットは販売されています。

これだけ、左利きのキャッチャーは不利ということですので、逆にもし、左利きのキャッチャーが甲子園やプロ野球に登場すれば、それだけでヒーローのような扱われ方をするかもしれませんね。

メジャーで左利きキャッチャーはいる?いた?

さらに、アメリカ・メジャーリーグにまで範囲を広げて「左利きのキャッチャー」を探してみましたが、やはり見当たりませんでした。

漫画で左利きキャッチャーはいる?いた?

さらにさらに、漫画の世界にまで左利きのキャッチャーはいないかと調べてみましたが、やはり見当たりませんでした。

これまで紹介してきたとおり、左利きのキャッチャーにはデメリットが多く、実際の野球の世界にもいないということですので、逆に漫画のキャラになりやすいのではないかと思います。

「ハンデだらけの左利きのキャッチャーが、それを乗り越えて強豪たちと戦う」というのは、漫画の題材になりそうですが、いかがでしょうか?

「ハンデを乗り越える」といえば、「プロ野球に左利きのキャッチャーはいない」と紹介しましたが、正確には「左手でプレーするキャッチャーはいない」ということです。

実は、埼玉西武ライオンズの炭谷銀仁朗選手は、右投げ右打ちですが、実は左利きだと言われています。

ファンにサインを書くときに左手で書いているのが目撃されています。

左利きであるところを野球をプレーするときには右利きに矯正したということのようです。

実際、私生活では左利きでありながらも、野球をプレーするときは右利きに矯正したという選手はたくさんいます。

本当にプロの選手を目指しているという方は、コーチや指導者の方と、どちらの手を使ってプレーするのが最もふさわしいかということを話し合って決めるのがいいでしょう。

まとめ

今回は、プロ野球に左利きのキャッチャーがいないのはなぜかということを深掘りして調べてみました。

実際、プロの世界に左手でプレーをするキャッチャーはいないということがわかりました。

あまりに不利な点が多いというのがその理由のようです。

おすすめの記事