左利きで文字が汚いと悩む人の矯正、練習方法紹介

左利きの人で文字が汚いと悩む方は結構、いらっしゃるようです。

そんな方のために、今回は、左利きの方のための文字の練習方法をご紹介したいと思います。

自分は右利きだから…という方もぜひ、ご一読ください。

右利きの方にも、「文字を美しく書く」という点では参考にしていただけるのではないかと思います。

左利きの人は文字が汚い?原因は「書き順」かも

左利きで文字が汚いと悩む人の矯正、練習方法紹介


そもそも、左利きの人には文字が汚いという方が多いのでしょうか。

もちろん、左利きの方であっても、丁寧に、きれいに文字を書く方はいらっしゃいます。

また逆に、右利きの方であったとしても、雑に字を書く方はいらっしゃいます。

日本語の文字(ひらがな・かたかな・漢字)は縦書きで右から左に書き進めていきます。

古くから右利きの人が圧倒的多数だったために、右利きの人が書きやすいように日本語の文字は作られました。

ですので、左利きの人にとっては、日本語の文字は書きにくいものになってしまっているのは間違いありません。

ですので、相対的に見たとき、左手の方の方が文字が汚いと思われる人が多くなっていると思われます。

左手の人にとって、日本語の文字が書きにくい原因は、書き順にあるともいわれます。

文字には書き順があり、特に漢字については、その書き順まで厳密に教えられたと思います。

この書き順は、右手の人がその文字を書くとき、もっとも効率的で、その通りに書けば最も美しく書けるように決まっています。

ですので、この書き順をきちんと守ろうとすればするだけ、左利きの人にとっては書きづらいということになってしまいます。

左利きは文字が書きにくい

左利きの人が文字を書きにくいと感じてしまう原因は書き順の他にどんな点があるでしょうか。

日本語の文字では、特に横向きの線は押して書くことになるため、左利きの人には書きにくく、どうしても余計な力が入ってしまいます。

そうすると、思うような線が書けなくなり、字形が崩れてしまうという悪循環に陥ってしまいます。

書類などのフォーマットも右利きの人用に作られていることが多いため、そのことも左利きの人にとっては文字が書きづらいと思う原因の一つになっているようです。

人によっては「右上がり」となる人も

左利きで文字が汚いと悩む人の矯正、練習方法紹介

左利きの人が横書きのノートに字を書いていこうとすると、それまでに自分が書いた文字が自分の手のせいで見えなくなってしまいます。

このため、変な態勢で体を傾けたりノートをずらしたりしながら書き進めていく必要が出てきます。

ノートを斜めにして書いたりすることで、文字が右上がりになって最終的な出来上がりがあまり美しくないということにもなってしまいます。

学生の方であれば、授業の時間内にすべてを書き写さなければならないということもありますので、ますます、焦ってしまい、自信のないノートになってしまうということもあるようです。

これって日本語だけ?

では、これらのことは日本語でだけ起こることなのでしょうか。

まず、英語の場合はどうでしょう。

日本語も英語も文字を書く時は左から右に書きます。

日本語は文字が分かれているものの、英語の筆記体は左から右へと流れるように書き進めます。

左利きの人が筆記体で書くと、インクが手についてしまって汚れてしまうこともあるようです。

また、ペンと紙の角度が反対なのでペン先が紙に刺さってしまうことがあり、左利きの人にとっては、日本語同様、英語もなかなか難しいようです。

では、横書きで右から左に書き進めていく言葉であれば、左利きの人でも書きやすいのではないでしょうか。

アラビア文字とヘブライ文字は、右から左に書くという珍しい言語です。

この文字を使う人に左利きが多いというわけでもないのですが、右から左に書き進めていくという言語です。

ですので、アラビア文字とヘブライ文字は左利きの人でも比較的書きやすい文字ということになりそうです。

左利きの文字の練習、矯正方法

左利きで文字が汚いと悩む人の矯正、練習方法紹介

以下のことに気を付けて練習すると左利きの方も、整った文字を書くことができます。

・文字を書くとき、手が紙につかないようにする。

(習字のときのように。手の側面が紙についてしまうとせっかくの文字がにじんで汚れてしまう)

・文字の中心を揃えて書く。

(このことを意識するだけで、字形は全く変わらなくても、美しく見えます)

・文字を書く正しい姿勢を意識する。(椅子の座り方・筆記具の持ち方)

・手に余計な力が入らないようにする。

・ペンの持ち方を右に傾ける。

(このことを意識すると余計な力が入りにくくなります)

・漢字は大きく、ひらがなは小さく書く。

(文字にメリハリがついて、きれいに見えます)

・文字と文字の間を均等にする。

(字と字の間がつまりすぎていると、それだけでごちゃごちゃした印象を与えることになり、美しく見えません)

左手の方が文字を練習するときに気をつけることが、わかりやすく動画にまとまっているものがありましたので、ご紹介しておきます。

よく考えてみると、これらのことは、右利きの人であってもいえることですね。

利き手に関わらず、これらのことを意識するだけで、整った字が書けるのではないかと思います。

まとめ

日本語の文字も、右利きの人が書きやすいように作られているということがわかりました。

ただし、しっかりと注意しながら書く練習をすれば、整った字を書くことは可能です。

きれいで美しい字を書くというよりも、丁寧で整った字を書くという意識を持つのがいいのではないかと思います。

おすすめの記事