眞栄田郷敦-左利き
眞栄田郷敦-左利き

みなさん、俳優の眞栄田郷敦さんは好きですか?今回は眞栄田郷敦さんが左利きかも?という話があったのでそれについて書いていきます。また、眞栄田郷敦さんのエピソードについても書いていきますので最後までどうぞご覧くださいね。

1)眞栄田郷敦さんのプロフィール

眞栄田郷敦さんは、2000年9月1日にアメリカ合衆国のカルフォルニア、ロサンゼルスで生まれました。

父親は俳優の千葉真一、兄も俳優の新田真剣佑、義姉も女優の真瀬樹里と芸能一家です。

父親の影響で空手を習っていて、10歳の時に全米大会で2位を獲得したことがあります。

アメリカの小学校時代にバンドの授業があったのと、兄が使っていたサックスが家にあったため、サックスを始めたそうです。中学校から日本で過ごし、吹奏楽部に入ってサックスを担当し、中学2年からはサックスのプロ演奏家を目指し、プロを目指せるコースのある高校に進学しています。

デビュー作「小さな恋のうた」の出演オファーを受けて、芸能界デビューしました。

テレビドラマでは、「星になりたかった君と」や「キン肉マンTHE LOST LEGEND」、「カナカナ」で主演を演じています。「ノーサイド・ゲーム」や「私の家政婦ナギサさん」、「レンアイ漫画家」「プロミスシンデレラ」など話題作にも出演していました。

映画では、「午前0時、キスしに来てよ」や「東京リベンジャーズ」、2022年秋には「カラダ探し」に出演予定です。

2)眞栄田郷敦さんは左利きか?どうか

眞栄田さんはTwitterやInstagramを開設していないので、左利きかどうかの情報がありません。サックスは右利きと左利きはあまり関係ない楽器であり、ギターを弾いているシーンでは右利き用のギターを使っているので、右利きの可能性があります。

3)眞栄田郷敦さんのエピソード

眞栄田さんは、俳優という仕事について、最初はまったく興味がなかったそうで、父親と兄が俳優という仕事をしているが、自分にはできないんだろうなと思っていたそうです。

プロのサックス奏者を目指して大学受験をしたけれど、受験に不合格だったこと、ご縁があって、デビュー作の映画「小さな恋のうた」の出演オファーをいただいたことから、せっかくいただいたチャンスだから挑戦してみようと「やるならやる」と腹をくくったそうです。デビューしてからまだ2、3年の間に数々の映画やドラマに出演されてご活躍されている眞栄田郷敦、今後も大注目の俳優さんですね。

おすすめの記事