松本人志-左利き

みなさん、ダウンタウンの松本人志さんは好きですか?今回は松本人志さんは左利きかどうか?について書いていきます。また、松本人志さんのエピソードについても書いていきますので最後までどうぞご覧くださいね。

1)松本人志さんのプロフィール

松本人志さんは、1963年9月8日兵庫県尼崎市出身のお笑い芸人さんです。

吉本興業東京本部に所属しています。

小学3年生の時に同級生とトリオを組んで、漫才を披露し始め、高校卒業後1982年に相方浜田雅功さんとコンビを結成し、吉本総合芸能学院1期生として入学しています。

ダウンタウンとして、漫才コンクールでの漫才大賞を多数受賞し、エッセイ「遺書」のダブルミリオンセラーや映画「大日本人」では映画監督を務めています。

「人志松本のすべらない話」や「探偵!ナイトスクープ」「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」など、冠番組が多数あります。

日本一の若手漫才のチャンピオンを決める「M-1グランプリ」やコントのコンテスト「キングオブコント」の審査員や、大喜利の祭典「IPPONグランプリ」の大会のチェアマンを務め、若手お笑い芸人の育成を担当する仕事も数多く行っています。

2)松本人志さんは左利きか?どうか

松本さんは左利きです。2018年にはTwitterで「オレたち左利きは右利きの人より約9年ほど短命らしい。。。」とつぶやいていたり、2019年に自身の冠番組の「ダウンタウンなう」で左利きであることを話しています。「左利きは普通の人より9年早く死ぬからね。」プロ野球の始球式では、右手でボールを投げていたそうなので、スポーツでは右手を使うのかもしれませんね。

3)松本人志さんのエピソード

松本さんの左利きエピソードとして、子どもの頃のエピソードがあります。

小学生の時に、地元の少年野球団に入団したものの、左利き用のグローブを購入する必要があったのですが、松本さんが子ども時代は実家が貧乏で、購入する資金がなかったために、1日で野球団を去ったそうです。

家が貧乏なのはわかっていたので、滅多におねだりはしなかったそうです。

他にも松本さんの子ども時代の貧乏エピソードとして、家にお風呂がないため、銭湯に通っていた、餌代が困るために、愛犬を捨てた、焼肉と称してウィンナーを食べていた、など数多くのエピソードを披露しています。

おすすめの記事