藤原聡-左利き

みなさん、Official髭男dismは好きですか?今回はOfficial髭男dismのボーカルの藤原聡さんが左利きかも?という話があったのでそれについて書いていきます。また、藤原聡さんのエピソードについても書いていきますので最後までどうぞご覧くださいね。

1)藤原聡さんのプロフィール

藤原聡さんは1991年8月19日生まれで、鳥取県出身です。

Official髭男dismは、2011年に結成された4人組のバンドで、愛称は「ヒゲダン」です。

藤原さんは島根大学在学中に軽音楽部に所属していて、先輩の樽﨑誠さんと後輩の松浦匡希さん、学外で仲良しだった小笹大輔さんとともに結成しました。

結成後はしばらく地元でバンド活動をし、2015年にインディーズデビューしました。

2018年にフジテレビ系月9ドラマ「コンフィデンスマンJP」の主題歌に藤原さんが書き下ろした「ノーダウト」が起用されました。月9ドラマの主題歌をインディーズバンドが担当するのは初めてで、その後メジャーデビューしました。

2019年にはシングル「Pretender」が映画「コンフィデンスマンJPロマンス編」の主題歌になり大ヒット、オリコン週間ストリーミングランキングで1位となっています。

同年、日本武道館でのコンサートを行い、第70回NHK紅白歌合戦にも「Pretender」の曲目で出場しました。

2)藤原聡さんは左利きか?どうか

藤原さんが左利きかどうか、についてですが、明確な情報は得られませんでした。マイクは左手で持っているのですが、マイクに関しては、利き手に関係なくどちらの手で持っても歌える人が多いので、左利きかどうかはわかりません。

3)藤原聡さんのエピソード

藤原さんは大学卒業後、地元の銀行に就職し、銀行員として働きながらバンド活動をしていたというエピソードがあり、ファンの間でも有名だそうです。デビュー前のことです。

仕事をしながらファイナンシャルプランナーの資格試験の勉強をして、バンドの活動もして、と睡眠時間を削っての生活だったそうで、その時よりしんどいタイミングはミュージシャン、バンド一本になってからはないぐらいだそうです。

おすすめの記事