左利き天才多い
左利き天才多い

「左利きの人は芸術家タイプの人が多い」「左利きの人は独創的な考え方をする」というようなことを聞いたことはありませんか?

 

日本人の約11%が左利きだといわれています。

 

ですので、日本人の10人に1人くらいの人が左利きということになります。

 

今回は、「左利きには天才が多い?」と題して、本当に左利きの人に天才の人が多いのか、また左利きで天才と言われた人の実例を見ていきながらこの説が本当に正しいのかどうか検証していきたいと思います。

 

「左利きの人に天才が多い」と言われるのはなぜ?

そもそも、左利きの人に天才が多いといわれるのはなぜなのでしょうか?

 

その理由は「バランスのよい脳の使い方をしているから」というものです。

 

左利きの人は右脳が、右利きの人は左脳が発達しているといいます。

 

右脳は空間認識など非言語について、左脳は言語や記憶に関わることを司っているといいます。

 

一方、社会の割合として右利きの人が圧倒的に多いので、いろいろなものが右利きの人が便利なようにつくられています。

 

ですので、左利きの人はいちいち考えて右利きの人に合わせて生活しなければなりません。

 

その結果、左利きの人は右脳と左脳の情報の伝達が活発になり、脳全体が活性化されるというわけです。

 

このことから、いわゆる天才が生まれやすいというわけですね。

 

ちなみに、世界で上位2%の高い知能指数を持つ人だけが入会できる「MENSA(メンサ)」という会のメンバーの利き手を調べてみると左利きが全体の約20%を占めています。

 

日本人全体でみると左利きの人は11%ですから、これはかなり高い比率といえるでしょう。

 

やはり、左利きに知能指数が高い人が多いということができそうですね。

 

左利きの天才と言われた人その1【エジソン】

数多くの発明で知られる天才・エジソンも左利きだったといわれています。

 

左利きの人の特徴として「違和感を感じやすい」というものがあります。

 

ほとんどのものが右利き用に作られているので、左利きの人にとってみれば、使いにくかったり違和感を覚えたりするものが多いということになります。

 

そこで、「もっとこうだったら使いやすいのに」という発想になり、このことが右利きの人から見ると「左利きの人は発想が独創的」と映るというわけですね。

 

独創的な発想で、便利なものを次々に発明していったエジソン。

 

エジソンが発明王と呼ばれたのは、彼が左利きだったおかげかもしれませんね。

 

また、同じく様々な発明をして、多彩であったことで知られるレオナルド・ダ・ヴィンチも左利きであったといわれています。

 

左利きの天才と言われた人その2【ミケランジェロ】

システィーナ礼拝堂の天井画として知られる「最後の審判」の作者・ミケランジェロも左利きだったといわれています。

 

もう少し正確にいうと、「最後の審判」は左右両方の手を使って描いていたといわれています。

 

ふつう、絵を描くときはデッサンから全体の構図を考えるものですが、ミケランジェロはアドリブで描きながら構図を考えていくというタイプだったそうです。

 

左利きの特徴として熟考せずに物事を進めていくということが挙げられます。

 

このあたりも「左利きの人は天才が多い」といわれる原因の一つになっているようです。

 

ちなみに、鉛筆を持つときは右手だがナイフを持つときは左手というタイプの人もいますね。

 

このように場面によって利き手が変わる人のことを「クロスドミナンス」と呼びます。

 

脳の使う部分が違うことでこのようなことが起こるといわれています。

 

左利きの天才と言われた人その3【バラク・オバマ】

元アメリカ大統領のバラク・オバマも左利きです。

 

黒人系のアメリカ人として初めて大統領になったオバマ氏。

 

マイノリティの気持ちがわかる大統領として有名でしたが、左利きであるということでもマイノリティだったのですね。

 

ノーベル平和賞を受賞するほどの独創的な考え方は左利きの人ならではだったのかもしれません。

 

ちなみに、左利きのオバマ氏が大統領に就任したのにあわせて2月10日は日本記念日協会が認定する「左利きグッズの日」となっています。

 

右利きで天才と言われた人はいる?

日本人の11%が左利きということですので、大多数が右利きということになります。

 

ですので、もちろん、右利きであっても天才と呼ばれる人はたくさんいます。

 

そもそも、人間に右利きの人が多いのはなぜなのでしょうか?

 

それは、人類が言葉を覚えたからだといわれています。

 

左脳は言語を司るということでしたので、言語が発達すると自然と右利きが増えるということなのですね。

 

ですので、作家や哲学者など言葉でものを考える天才は右利きの方が多いということになります。

 

反対に、芸術や数学など主に非言語を扱う天才には自然と左利きが多いということになるわけです。

まとめ

今回は「左利きには天才が多い?」ということで、その実例の人物を挙げながら見てきました。

 

左利きの人は右脳と左脳の情報伝達が多くなるので脳が活性化されやすい。その結果として「天才」と呼ばれる人も多いということのようです。

 

また、もちろん右利きにも天才と呼ばれる人はいて、脳の使う部分によって左利きなのか右利きなのかに分かれるというのが結論といえそうです。

おすすめの記事