左利き-特殊能力
左利き-特殊能力

「左利きの人には天才型の人が多い」といわれることがあります。

 

統計的にみると、日本では左利きの人は全体の11%といわれています。

 

10人に1人強という割合ですので、やはり左利きの人は少数派といえます。

 

割合が少ないので、「ちょっと変わっている」というところから、「天才型の人が多い」とみられることも多いようです。

 

では、実際、左利き人には何か特殊な能力があるのでしょうか。

 

今回は、左利きの人が持つ特殊能力というテーマで、左利きの人に迫ってみたいと思います。

 

左利きは特殊能力を持っている?

左利きの人の一番の特徴は、脳の使い方にあります。

 

普通、左利きの人は右脳が、右利きの人は左脳が発達しているといわれます。

 

利き手と発達している脳は交差しているということですね。

 

では、右利きの人も左脳がより発達しているという意味では、左利きの人と変わらないはずです。

 

なぜ、左利きの人ばかりが天才型だと言われるのでしょうか。

 

左利きの人は、右脳が発達しているというだけではなく、左右の脳をバランスよく使っているということのようです。

 

右脳は主に空間認識能力をつかさどっています。

 

そのため、芸術脳とか感覚脳というふうに呼ばれます。

 

一方、左脳は主に言語能力をつかさどっています。

 

左利きの人は右脳がより発達しているので、芸術家タイプといわれるということのですね。

 

そして、左利きの人は右脳が発達しているというだけではなく、左右の脳の情報伝達のスピードが速いといわれています。

 

このため、論理的な思考も得意で、全体的に脳の処理速度が速いというわけです。

 

右脳と左脳をつなぐ重要な器官に「脳梁(のうりょう)」と呼ばれるものがあります。

 

これは、右脳と左脳の情報伝達を行い、左右の働きのバランスをとっている部分です。

 

左利きの人は、この脳梁が右利きの人よりも大きいということがわかっています。

 

このために、左利きの人は左右の脳をバランスよく使えるというわけですね。

 

では、なぜ左利きの人は左右の脳のバランスが良いのでしょうか。

 

先天的な要因もあるとされていますが、最も大きな理由は日頃から無意識のうちにトレーニングされているからだといわれています。

 

一般の社会では、右利きの人の方が圧倒的に多いため、いろいろなものが右利きの人に使いやすくできています。

 

たとえば、駅の改札は切符を通すところやICカードのかざし口は右についています。

 

自動販売機もお金の挿入口はだいたい向かって右側についていることが多いですね。

 

その他、文房具、スポーツ器具や楽器、家電製品に至るまで、だいたいのものは右利きの人用になっています。

 

そうなると、左利きの人は、それらを使うたびに立ち止まって使い方を考えなければなりません。

 

たいへん不便なようにも思われますが、このことが、脳のトレーニングになっているというわけです。

 

左利きで特殊能力持ちと言われた天才は?

「左利きの偉人」というキーワードで調べてみると、

 アインシュタイン

 エジソン

 モーツァルト

 ピカソ

 ビル・ゲイツ

 バラク・オバマ

などの名前が挙げられます。

 

中でも、万能の天才と言われたレオナルド・ダ・ヴィンチも左利きであったといわれています。

 

ダ・ヴィンチは絵画だけでなく、様々な発明のアイデアも残しています。

 

ダ・ヴィンチは自分のアイデアが盗まれないように、原稿を鏡文字で残したともいわれています。

 

そうすることで、暗号のようになり、盗まれにくくなるというわけですね。

 

こんな器用なことができたのは、左利きならではといえるかもしれません。

特殊能力は左利きだけのもの?

では、このような特殊な能力は左利きの人特有のものなのでしょうか。

 

「左利きの人の情報処理が速いのは、左右の脳をバランスよく使っているから」と紹介しました。

 

そして、それは、日ごろから両手を使うことでトレーニングされているからだとも紹介しました。

 

ということは、右利きの人であっても左右の手を使うということをしていれば、左右の脳をバランスよく使えるようになれるということではないでしょうか。

 

たとえば、ピアノは両手を使う必要があります。

 

また、パソコンのキーボードも両手をバランスよく使う訓練になっていそうです。

 

実際、両手が利き手という方もいらっしゃいます。

 

また、お箸を持つのは左手でナイフを持つのは右手という方もいらっしゃいます。

 

さらに、小さい頃は左利きだったけれど、訓練で右利きになったという方もいらっしゃいます。

 

このように、人は訓練次第で脳を成長させることができるようです。

 

左右の手で違う動作を行うという脳トレもあります。

 

日頃から、ちょっと気をつけたり、意識することで、脳を活性化することができそうですね。

 

まとめ

今回は、左利きの人の特殊能力ということで、その秘密を探ってきました。

 

やはり、左利きの人には「左右の脳をバランスよく使う」という特殊能力があるようです。

 

左利きの偉人もたくさんいました。

 

ただし、それは左利きの人に限ったことではなく、右利きの人もトレーニングをすることは可能なようです。

 

おすすめの記事